「ポスト・ミュージアム時代?―メディアの変容はアート界をどのように変えるのか」トークイベント

東京国立近代美術館

このイベントは終了しました。

現代を代表する美術批評家ボリス・グロイスをニューヨークから招聘し、東京・大阪の大学・美術館全3か所で、来日記念講演を開催します。同時にグロイスの代表的著書『アート・パワー』(英語版はMIT Pressより2008年に発行)の邦訳が出版されます。現代社会においてアートがどのような力を持つのか、グロイスと共に思索の旅に出ませんか。
今回の講演シリーズでは、従来の欧米中心の美術史に新たな視点をもたらした『アート・パワー』を中心に、社会と美術の関係、そして昨今のグローバル市場における現代美術の動向等について、日本の読者に向けて氏に語ってもらいます。また日本の若手アーティスト、美術関連の研究者と共に日本の現代美術の特殊性についても議論を掘り下げます。

日時: 2017年1月21日(土)14:00-16:00
出演: ボリス・グロイス、浅田彰(京都造形芸術大学 教授)
モデレータ: 三輪健仁(東京国立近代美術館 学芸員)
会場: 東京国立近代美術館 講堂 (地下1階)
使用言語: 英語(逐次通訳有り)
参加費: 無料
※要事前登録、展覧会チケット不要
※お申し込み方法は公式ホームページからご確認下さい。

[関連イベント]
『アート・パワー』をめぐって
2017年1月20日(金)14:00-17:30
出演: ボリス・グロイス、加治屋健司(東京大学大学院総合文化研究科 准教授)、乗松亨平(東京大学大学院総合文化研究科 准教授)、星野太(金沢美術工芸大学 講師)
モデレータ: 内野儀(東京大学大学院総合文化研究科 教授)
会場: 東京大学 駒場キャンパス ファカルティハウス セミナー室(〒153-8902 目黒区駒場3-8-1)
使用言語: 英語のみ
参加費: 無料
※要事前登録
※講演後に懇親会を開催します。
※お申し込み方法は公式ホームページからご確認下さい。

メディア

スケジュール

2017年01月21日 14:00~16:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use