谷口ナツコ 「止まれ 花がある」

The Artcomplex Center of Tokyo

poster for 谷口ナツコ 「止まれ 花がある」

このイベントは終了しました。

その生き物は 
手を失う事とひきかえに美しい羽根を持つ事を選び
「美しいわたし」になりました。
羽根は、美しいけれどとても重いので、
飛ぶ事はできず背負って歩く事もままなりません。
それでも前に進まなくてはならないので
「美しいわたし」を運ぶための乗り物が必要になりました。
この美しさに見合うだけの、立派な輝かしい乗り物が。
幸いここには、金色に輝く新しい犬がたくさんいるので
一匹を捕まえ、またがり、行く先をこの犬にゆだねて進みます。
そうして運ばれているうちに、頭にはいつのまにか穴があいていて
脳みそのほとんどを盲目の猿に喰われてしまいました。
心みたいな形の臓器も、いつのまにか身体から落としてしまいました。
顔はもう、誰のものかわからなくなりました。

気付くと進むべき地面は、薄い氷の膜と残雪だけになっていました。
これまでずっと雪の下にあるはずだった大地は、汚れ、溶け落ちて、無くなって
氷の下の奥深くに、静かに怒りを溜め続けています。
地上の「美しいわたし」が重くなるばかりなので
氷だけの地面はもう耐えられなくなってきました。
金色の犬に乗った「美しいわたし」があと一歩進めば
地面には底なしの穴があいて、全てのみ込まれてしまうかもしれません。
穴を逃れてあと一歩進んでも、天から垂れ落ちる見えないロープで
首ををくくられ、自らの重さで締上げられるかもしれません。
まだ少しは残っている足も、もうすぐ金色の犬に喰われてしまう事でしょう。

「美しいわたし」は
足元に花をみつけて一瞬、立ち止まりました。
未来のためなどではなく、その花のためだけに足をとめました。
自らの脳みそや心からではなく、他者や天からでもなく
大地や花からでもない、止まれ という声がしました。
それは、この生き物だけが聴く事ができる声かもしれないのに
「美しいわたし」には、もう耳もありませんでした。

消え入りそうな地面にも、まだ花は咲いています。
溶け落ちた大地の中にも種は眠り、やがて芽吹くことでしょう。
また新しい春がきます。
会場: 2F ACT5

メディア

スケジュール

2016年11月15日 ~ 2016年11月27日 18:00
11月21日(月)休館

アーティスト

谷口ナツコ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use