集中講座 MAD WORLD vol.4「ニューヨーク近代美術館のコレクションを通して見えてくるもの」

AIT ルーム

poster for 集中講座 MAD WORLD vol.4「ニューヨーク近代美術館のコレクションを通して見えてくるもの」
[画像: Fenberger House]

このイベントは終了しました。

現代美術の一つの大きな魅力は、作品を通して政治や社会、思想に思いを馳せることです。近代美術の殿堂とも言われているニューヨーク近代美術館[MoMA]は、1929年の開館当初、教育普及機関として市に登録され、双方向性の対話によるラーニング・プログラムを通して、作品と鑑賞者を繋げる大切な役割を果たしてきました。また、20万点を超えるMoMAコレクションの一部は、現在オンラインで閲覧ができ、目の不自由な方やキッズ向けの作品解説が他言語で聞けるなど、オンラインも充実しており、美術教育の最先端としても常に注目されています。本講座では、2004年よりMoMAの教育普及に携わってきた山村氏を迎え、MoMAのラーニング・メソッドを通して美術史の基礎を学ぶとともに、現在のMoMAの美術に対する見方や考え方、また、社会や思想の動向がどのように同時代の美術を形づけているかを議論します。最後に、キュレーターのロジャー・マクドナルドとともに、MoMAコレクションの作品から、参加者が自らの視点を通してキュレーションを試みるワークショップを行います。それぞれの近現代美術に関するキュレーションのアプローチを考え、作品や現代美術に関する理解を深めることが本講座の目的です。
[概要]
講師: 山村みどり(ニューヨーク近代美術館[MoMA]講師/ニューヨーク市立大学キングスバロー校准教授)
ファシリテーター: ロジャー・マクドナルド(MADプログラム・ディレクター/AIT 副ディレクター)
日時: 12月8日(金) 19:00~20:30、12月9日(土) 11:00~12:30、13:30~16:45※セッション数: 計3回
受講料: 19000円(税別)※ランチ付き
定員: 20名
★第1回: レクチャー「MoMAの美術教育の歴史と60分で学ぶモダンアート」[12月8日(金) 19:00~20:30]
★第2回: レクチャーとディスカッション「歴史的アートの再考と再発掘、新たなジャンル」[12月9日(土) 11:00~12:30]
★第3回: ワークショップとディスカッション「キュレーションの実践」[12月9日(土) 13:30~16:45]※休憩含む

※イベントの詳細・申し込み方法は公式ホームページをご確認下さい。

メディア

スケジュール

2017年12月08日 19:00 ~ 2017年12月09日 16:45
第一回: 12月8日(金) 19:00~20:30、第2回: 12月9日(土)11:00~12:30、第3回: 12月9日(土)13:30~16:45

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use