猿楽祭シンポジウム 「つながる 代官山-アートプロジェクトがつなぐ都市の記憶と風景」

代官山ヒルサイドフォーラム

poster for 猿楽祭シンポジウム  「つながる 代官山-アートプロジェクトがつなぐ都市の記憶と風景」
[画像: 「地下鉄ヒルサイドテラス駅」(1999)平山俊、渋谷真弘「代官山インスタレーション1999」より  Photo: ANZAI]

このイベントは終了しました。

都市におけるインスタレーションの先駆けであり、わずか一週間で中止となったヒルサイドテラスを舞台とした川俣正の伝説のプロジェクト「工事中」(1984)。築70年の同潤会代官山アパートの解体直前に行われた「再生と記憶」展(1996)。その再開発である代官山アドレスの竣工前年1999年にスタートした公募展「代官山インスタレーション」。33年を経て猿楽町交番前の歩道橋の撤去を目前に行われている川俣正の「『工事中』再開」。代官山にあって、アートは、変わりゆく都市、見えない都市の姿を照射し、過去と現在、場と人をつなぐ媒介者として機能してきました。アートプロジェクトを通して、代官山の来し方、行く末、都市とアートの関係について、数々の代官山のアートプロジェクト、展覧会にアーティストとして、またキュレターとして関わったBankART1929代表・池田修さん、代官山インスタレーションの審査員でもあった中原佑介の美術批評選集編集委員であり、アートプロジェクトについての論考も多い美術史家・加治屋健司さん、そして代官山に数々のアートプロジェクトを仕掛けてきた北川フラムさんをお迎えし、語り合っていただきます。

会場: ヒルサイドプラザ
定員: 100名

※お申し込み方法は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2017年10月08日 14:00~16:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use