「MOTサテライト 2017秋 むすぶ風景」

MOTサテライト案内所

poster for 「MOTサテライト 2017秋 むすぶ風景」

このイベントは終了しました。

休館中の東京都現代美術館(MOT)が、アーティストたちと清澄白河のまちに!上野に!お邪魔します♪
古くは松尾芭蕉も居を構え、戦後はオリンピックの聖火が通り、近年ではカフェやギャラリーが活気を見せる清澄白河--東京都現代美術館は1995年に開館し、クリエイティブで魅力あるこの地で活動を続けてきました。「MOTサテライト」は、改修休館中の東京都現代美術館が、清澄白河エリアのさまざまな人や施設の協力を得てまちへ出かける試みです。さまざまなアーティストによる作品やプロジェクトをまち中で紹介しながら、新旧問わず活気あるこの地域の文化やコミュニティが織り成す豊かさと魅力を発信します。
第2回目となる「MOTサテライト 2017秋 むすぶ風景」では、このまちの多彩な営みにある背景や、まちが経てきた歴史的変化の軌跡をたどります。多様な人々が集ってきたこの地域の活力や風景を可視化する作品展示やワークショップ、まち歩きやトークイベント等を通じて人とまちをむすび、清澄白河との新たな出会いを創出します。
また今回は、未来の文化の創造の担い手である若い世代を対象にした展示やイベントも多数開催します。その一環として、清澄白河エリアに加え、東京藝術大学上野内アキャンパスーツ・アンド・サイエンス・ラボでの展示やイベントも行います。

■メイン会場(MOTスペース)
「MOTスペース」では地域の記憶や風景を、視覚や音などで体感するインスタレーションなどを展示します。
場所: 清澄白河エリアの各所、東京藝術大学上野キャンパス内アーツ・アンド・サイエンス・ラボ(カディスト・アート・ファウンデーション(パリ)との共同企画展)

■その他会場(MOTスポット)
「MOTスポット」では、まちのあちこちに隠れているドローイングを探してみましょう。
場所: 清澄白河エリアの店舗・カフェ 等※開場日時は各会場により異なります。

■参加作家
清澄白河エリアの各所:
下道基行、鎌田友介、Atsuko Nakamura、守章、石塚まこ、東京藝術大学芸術情報センター 清澄白河プロジェクト、東京大学 廣瀬・谷川・鳴海研究室、のらもじ発見プロジェクト、錯視ブロックワークショップグループ

東京藝術大学内アーツ・アンド・サイエンス・ラボ:
エリック・ボードレール、ユリアス・コラー、ミリアム・レフコウィッツ、ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ、冨井大裕

※関連イベント情報や詳細は公式ホームページをご確認下さい。

メディア

スケジュール

2017年10月07日 ~ 2017年11月12日
開催時間 (MOTスペース): 木曜日・金曜日・土曜日・日曜日・祝日の11:00~18:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use