蓬生ゆり 「WHERE IS MY HOME」

ギャラリイK

poster for 蓬生ゆり 「WHERE IS MY HOME」
[画像: 蓬生ゆり]

このイベントは終了しました。

「もっと世界を踊りたい。広い世界を泳ぎたい、太古の魚のように。自分の身体がそこに存在すること。自分をそこに出現させたい宇宙がある。こんな星があった、今は燃え尽きたけれど。そのとき自分は、何と星を語ろう。」 自分はどこから来て、どこへ行こうとしているのか。その問いとして蓬生ゆりが最初に取り組んだ表現は、自分自身の身体を画面へと直接に触れさせる事でした。ダンスを踊る足裏を画面に刻むことから始まり、やがて身体全体の動きを2次元に落とし込む行為へと進みます。そこで立ち現れるのは自己のみならず、その周囲に無限に広がる自己ならざるものとの関係としての絵画であり、自分は何者であるのかと言う問いが、同時にこの世界の全てを問う事にならざるをえないという事実の発見へと導かれていきます。

メディア

スケジュール

2017年11月06日 ~ 2017年11月11日

アーティスト

蓬生ゆり

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use