宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」展

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

poster for 宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」展
[画像: 大賞 豊田勝美「室内の裸婦」]

このイベントは終了しました。

宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」は、2011年に石川県小松市が創設した、デッサンを対象とした、隔年開催のコンクールです。
小松市は、画家・宮本三郎の生誕地であり、市内松崎町には宮本三郎ふるさと館、また2000年には、市内中心部に宮本三郎美術館が開館しています。いっぽう、この世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館は、宮本が1935年から、1974年に逝去するまでの約40年間、制作の拠点とした跡地に建設されたものです。
宮本三郎というひとりの画家を通じ、小松市と世田谷区は相互理解を深め、当館は2013年の第2回宮本三郎記念デッサン大賞展より、東京巡回展を開催することとなりました。
本展は、デッサンの名手と称された宮本三郎にちなむもので、新しいデッサンの表現の地平をおし広げるための一本の線、そこに生み出される独創的な表現を求める場として創設されました。ともすれば、表現の準備段階にあるものとして捉えられがちなデッサンを、今日的な視点であらためて見つめなおし、表現という人間的な行為にひそむ普遍性と発展性を、各作品から見出そうとする試みです。
このたびの第4回展では新たな5人の審査員(荒井良二、鴻池朋子、小澤基弘、橋本善八、皆川明)がそれぞれ異なる視点から、作品の審査を行いました。その結果、全国から応募のあった882点から、51作品が入選し、うち13点がグランプリ(大賞)をはじめとする各賞を受けました。
多種多様な線による表現と、それぞれの作品から発せられる鋭敏な感性の発露を、じっくりとお楽しみください。

メディア

スケジュール

2017年12月16日 ~ 2018年03月18日
年末年始休館: 2017年12月29日(金)~2018年1月3日(水)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use