「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

poster for 「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」
[画像: 東郷青児「バイオレット」(1952) 油彩・キャンヴァス 108.4×80.0cm 損保ジャパン日本興亜]

このイベントは終了しました。

二科会を中心に活動した洋画家・東郷青児(1897-1978)の生誕120年を迎えるにあたり、初公開のプライベートコレクションを含む貴重な作品を全国から集めた特別回顧展を開催します。日本で初めて「未来派風」と呼ばれた前衛的絵画から、構成美と抒情性を兼ね備えた代表作《サルタンバンク》を経て、戦後に広く親しまれた女性像まで、「東郷様式」と呼ばれたスタイルがどのように作られたのかをひもときます。見どころは、藤田嗣治と対で制作した丸物百貨店の大装飾画など、これまで紹介される機会の少なかった1930年代の作品です。激動の時代に抜群の知名度を誇った画家の多彩な仕事ぶりを、美術作品約60点に出版物や写真などの資料をあわせて振り返ります。

[関連イベント]
1.[中秋の名月] 特別夜間延長デー
日時: 10月4日(水) 20:00まで開館延長(入館は19:30まで)
42階の展望回廊から東京都心の夜景をお楽しみください。
当日は、SOMPOフィルハーモニー管弦楽団メンバーによるミニコンサートも行います。(18:30から15分程度)

2. ギャラリートーク [当日自由参加]
当館学芸員が展示室で作品解説を行います(30分程度)。
日時: 9月24日(日)、10月7日(土)いずれも13:30から
3. ギャラリー★で★トーク・アート【要申込】
休館日に貸切の美術館で、ボランティアガイドと対話をしてみませんか?作品解説を聞くのではなく、参加者が作品を見て、感じ、思うことを話しながら楽しむ参加型の作品鑑賞会です。
日時: 10月30日(月・休館日)14:00から2時間程度(対話鑑賞と自由鑑賞 各1時間程度)
対象: 大人の方からお子様まで 定員: 30名程度
※抽選のうえ当選者のみ10月24日までに参加券をお送りいたします。
参加費: 1000円(観覧料 不要)※中学生以下無料、展覧会チケットやその他割引等の利用はできません。

※関連イベントの詳細・お申し込みは公式ホームページをご確認ください

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2017年09月16日 ~ 2017年11月12日
月曜日休館(ただし9月18日、10月9日は開館、翌火曜日も開館)

アーティスト

東郷青児

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use