矢島陽介 「anonymous works」

CAGE GALLERY

poster for 矢島陽介 「anonymous works」
[画像: 矢島陽介「a way of seeing」 (2017)]

このイベントは終了しました。

矢島陽介は1981年山梨県に生まれ、現在東京を拠点に制作をしています。2009年の「1_WALL」入選以来積極的にグループ展や個展に参加し、Unseen PhotoFair Dummy Award Shortlist やFotobook Festival Dummy Award Shortlist、トーキョーフロントラインフォトアワードなど国内外の著名な写真アワード等に入選している写真家です。何かと何かの間、ズレ、違和感にアプローチする矢島の思考は、匿名性を孕みながら、ここであると同時にここではない何処か=パラレルな現在の気配を物質化します。本展「anonymous works」は、2010年頃から2015年まで継続的に制作されたシリーズ「OURSELVES/1981」と、新作として制作しているシリーズ「a way of seeing」からピックアップされた2点で構成されています。作家のキャリアにおいて初の、路上に開かれたパブリックスペースに併置されることで、anonymousな空間が生まれ、矢島の思考はより顕在化するでしょう。

メディア

スケジュール

2017年07月01日 ~ 2017年07月30日

アーティスト

矢島陽介

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use