「アキラトアリキノアラタナアリタ: 現代陶芸としての有田焼」展

KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY

poster for 「アキラトアリキノアラタナアリタ: 現代陶芸としての有田焼」展
[画像: 「Laminations」 series (2015), arita porcelain © Akira Fujimoto, courtesy KANA KAWANISHI GALLERY]

このイベントは終了しました。

藤元明は、社会や環境など個人では制御しきれない種々な「現象」をアイロニカルに表象化する作品群で知られています。
2014年頃より3年以上に渡り取り組んでいる『ARITA PORCELAIN PROJECT』では、400年の歴史を誇る日本伝統工芸のなかでも正統性と革新性を誇る伝統的な有田焼の窯元のひとつである「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」と共同で、窯元の倉庫に眠る流通不能となったデッドストックに対し、伝統技法の型を打ち破りタブーを侵していく態度で向き合うことで、流通から外れて身動きを取れなくなってしまった伝統工芸品の数々に対し現代美術品としての新たな命を吹き込み続けています。
アリキ・ファンデルクライスは、サンドベルグ・インスティテュート応用美術科課程修了。テキスタイルや写真などのメディウムを主軸に「素材」や「自然」に内在する形象を作品として発表し、アムステルダム、ニューヨーク、ミラノ、上海、北京、東京など世界各地で発表を行なってきました。2017年9月からは3ヶ月間に渡り、佐賀県とオランダ大使館のクリエイティブ産業協定の元にクリエイティブインダストリ財団からの助成を得て設立された「Creative Residency in Arita 」の招聘アーティストとしてリサーチ及び滞在制作を行ない、本展では、その滞在制作過程で生み出されたいくつもの新表現をチャプターとして見立て、複数章から成「Album Arita」として有田焼400年の歴史を刷新する各シリーズを展開します。
各々の文化的背景とバックグラウンドを駆使し、それぞれに現代陶芸としての新たな有田焼表現に没頭してきた、藤元明とアリキ・ファンデルクライス。二人の力作揃いの新作を集約させた本展は、前期と後期の二部構成にて会期中に展示替えも挟みながら、満を持して開催いたします。幾通りもの文脈と解釈を可能とする本展、是非ともご期待頂けましたら幸甚です。
※二部構成(1月9日以降は第二期として、展示替えをいたします)

[関連イベント]
トークイベント「『現代陶芸』をかんがえる: 伝統工芸と現代美術の摩擦が生み出す新しきもの」
日時: 2018年1月13日(土) 17:00~18:45
登壇者: 鈴田由紀夫氏(佐賀県立九州陶磁文化館・館長)、堀内奈穂子氏(特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]キュレーター)、藤元明(アーティスト)
※要予約、参加費 500円(ワンドリンク付)

メディア

スケジュール

2017年12月09日 ~ 2018年02月03日
冬季休廊: 12月23日(土)〜1月8日(月)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use