阪本トクロウ 「アウトライン」

キドプレス

poster for 阪本トクロウ 「アウトライン」

このイベントは終了しました。

阪本トクロウは、2009年の初回の個展で銅版画での試みを発表いたしました。2013年の2回目の個展では、メゾチントを主とした、新たな試みに挑戦しました。そして、今回は、作家自身、初めての試みとなる銅版画とリトグラフの併用技法に挑戦しています。銅版画特有の繊細で味わい深い描線に加え、リトグラフの色面の鮮やかさやボカシ刷りの変化が、作品に一層の奥深さを与えて魅力的な仕上がりとなっています。
ごくありふれた日常の中から選んだイメージを淡々と抑制された表現で絵画を形成する阪本トクロウは、国内外のアートシーンで大変人気となっています。それは、今ここにある世界で生きていることに対する、作家の真摯な制作姿勢の現れによるものです。どこにでもあるような風景など身の回りのありふれたモチーフを使った作品の中で、観るものがあたかもその描かれた場の中で呼吸しているかのような可視感を憶えます。それは一度観たら忘れられないほどのインパクトを観るものに与え、忘れ得ぬ感動として人々に記憶されるのです。
今回の展示では、版画8点に加え、10点のペインティングを展示いたします。
作家の言葉: 私たちが生きている世界を、私たちはどのように見ているのか、という眼差しが作品を作る一つの方法になっています。作品の多くは日常生活の中にあるありふれたものの組み合わせで作られています。生活の中でいつも見慣れていて、普段何気なく過ごし、あまりに存在が当然なものに改めて目を向けます。自分の内側ではなく、外側であり、周りにあるもの、自分の背景にあるようなものです。自分を掘り下げていってもなにも出てこない。ならば自分の周りを描いていけば自分の輪郭、外周、シルエットが描けるのではないかというようなことを考えます。中心はがらんどうな空っぽな輪郭が浮かび上がれば良いと思っています。自らの中空、虚を積極的に意識し直視することが私の制作動機の一つになっています。

メディア

スケジュール

2017年09月02日 ~ 2017年10月08日
月曜日・火曜日・祝日は休館

オープニングパーティー 2017年09月02日18:00 から 20:00 まで
作家を囲んでのオープニングレセプション

アーティスト

阪本トクロウ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use