「狩野芳崖と四天王 - 近代日本画、もうひとつの水脈 - 」展

山梨県立美術館

poster for 「狩野芳崖と四天王 - 近代日本画、もうひとつの水脈 - 」展
[画像: 狩野芳崖《悲母観音》明治21年 東京藝術大学蔵]

28日後終了

近代日本画の黎明期を代表する画家、狩野芳崖 (1828~1888)。畢生の大作「悲母観音」は、近代日本画の原点と称えられ、記念碑的作品として日本美術史に燦然と輝きます。その芳崖に師事した最後の弟子、岡倉秋水 (1869~1950)、岡不崩 (1869~1940)、高屋肖哲 (1866~1945)、本多天城 (1867~1946)は、次代の画壇を担う「四天王」として嘱望されました。しかし、芳崖が東京美術学校(現、東京藝術大学)の開校直前に没し、画壇が岡倉天心に牽引された横山大観、菱田春草ら、後に日本美術院で活躍する気鋭の画家たちで占められると、彼らは中央画壇から遠ざかり、今では忘れ去られた存在となってしまいました。本展は、彼ら四天王に光を当てた初めての展覧会です。知られざる画業を新出作品や初紹介資料等を通じて多角的に辿るとともに、芳崖をはじめ、橋本雅邦ら近代日本画の基礎を築いた画家たちの代表作、さらには近代日本画の未来を切り開いていった大観、春草らの作品もあわせて約90点を展観します。(※会期中、大幅な展示替えをします。前期:11月3日~11月26日 / 後期:11月28日~12月17日)

[関連イベント]
1. 記念シンポジウム「なぜ今、芳崖四天王を評価するのか」
日時: 12月9日(土)13:30~
出演: 佐藤道信氏 (東京藝術大学教授)、古田亮氏 (東京藝術大学大学美術館准教授)、野地耕一郎氏 (泉屋博古館分館館長)、椎野晃史氏 (福井県立美術館学芸員)
場所: 講堂
参加費: 無料
申し込み: 不要

2. こども美術館「“にほん”がへんしん!“にほんが”へ~んしん!」
日時: 11月23日(木・祝) 10:00~11:30、13:30~15:00
場所: ワークショップ室
対象: 小学生 (1~3年生は保護者同伴)
定員: 各回20名 (保護者含む)
参加費: 無料
申し込み: 必要
※お申し込み方法は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2017年11月03日 ~ 2017年12月17日
11月20日は開館

アーティスト

狩野芳崖

入場料

一般 1000円、大学生 500円、高校生以下無料

アートスペースの開館時間

9:00から17:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休館、年末年始休館

アクセス

〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27
電話: 055-228-3322 ファックス: 055-228-3324

JR中央線甲府駅より芦安・大草経由韮崎・貢川団地・社会福祉村各行バスで「県立美術館」前下車。

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use