「逗子アートフェスティバル 2017」

逗子海岸

poster for 「逗子アートフェスティバル 2017」

このイベントは終了しました。

ZAF2017はトリエンナーレ年として国際的な現代アートシーンで注目を集める作家を含む絵画からインスタレーション、写真、音楽など70作品以上が参加します。
展示会場: 逗子文化プラザホール、逗子会館、逗子カトリック教会、亀岡八幡宮、逗子市役所、小坪漁港、第2菊池ビル など

■市民企画
逗子のまちなかで市民によるアート企画を開催。作品展示や音楽・演劇の披露、ワークショップなどまちなかを巡りながらアートに触れられます。今年は過去最大の33企画が参加します。ジャンルも、音楽、絵画、写真、朗読、アンティーク、クラフトと多種多様。

■逗子市文化祭
逗子市文化祭は1951年(昭和26年)第1回を開催しました。1951年は横須賀市から独立した年に当たり、気概に燃えて開催したものと推察されます。以来逗子市文化祭は市民の文化活動の成果発表や鑑賞の場として歴史を刻んできました。

■トリエンナーレ作品
参加アーティスト: MIRRORBOWLER、青山誠拓、有高唯之、松澤有子、本間亮次、志度ゆうり など

■招待作品
私たちは今、自分が見たい世界を選び取れるような時代に生きていますが、意に反して視界や居場所が狭まってはいないでしょうか。日本とアメリカ、漁村とリゾート地といった対照的な要素が共存している逗子で、自分の領域の向こうがわへと想像力をはたらかせてみたらどうなるでしょうか。
参加アーティスト: 栗林隆、スクリプカリウ落合安奈、山内祥太、給湯流茶道(茶道ユニット)

※その他イベントプログラム、ワークショップ詳細は公式ホームページでご確認ください。

メディア

スケジュール

2017年10月07日 ~ 2017年11月26日

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

逗子アートフェスティバル2017が開催中!

米軍施設と縄文時代から続く居住地、リゾート地と漁村などが併存する逗子で、栗林隆、山内祥太、スクリプカリウ落合安奈、給湯流茶道らが参加

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use