フィオナ・アムンゼン 「アーセナル・オブ・デモクラシー」

トーキョーワンダーサイト本郷

このイベントは終了しました。

第二次世界大戦時のアメリカで日系人が過酷な状況に置かれる中、日系アメリカ人のベン黒木氏は、米国で唯一太平洋地域の軍事作戦に参加を認められた。本展は、ピッツバーグの旧鉄工所跡地キャリー・ファーナスの画像と1945年東京大空襲についての多数の音声録音を用いて、映像や写真作品を中心に構成する。この作品は、単に歴史的事実を再生するのではなく、歴史、文化、多言語に及んだ複雑な経験をイメージとして現す。さらに、写真や動画がどのように過去を現在に伝えることができるかをも問いかける。
[関連イベント]
記憶、物語、文化的記念碑:フィオナ・アムンゼンと小泉明郎による芸術的戦略についてのディスカッション
大きな傷跡を残した第二次世界大戦の歴史、記憶、物語、文化的記念碑の関係性を探求する二人のアーティストによるトークイベント。ニュージーランド出身のフィオナ・アムンゼンと日本で活動する小泉明郎が、この題材の複雑さを言及するための方法論、特に文化的時間・空間の異なる経験を通して語る。
日時:2017年1月28日(土)14:00~15:30(予定)
会場:トーキョーワンダーサイト本郷 スペースC/D
日英逐次通訳あり
入場無料、予約不要 ※詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2017年01月14日 ~ 2017年02月12日
休館日: 1月16日、23日、30日、2月6日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use