開発好明 「政治家の家ドキュメント」

ナディッフ アパート

poster for 開発好明 「政治家の家ドキュメント」

このイベントは終了しました。

開発好明 の「政治家の家」は、2012年3月15日には福島県南相馬市に設置されました。福島原発20キロ地点近く、400メートル程で立ち入り禁止の警戒区域になる地点に位置する「政治家の家」は、視察に訪れる政治家のために無料で利用できる休憩施設という機能を備えた、開発によって運営される施設です。「政治家の家」は今年で開設5年目を迎え、経年劣化し老朽化する家を前に思案した開発でしたが、なおも続く原発処理と情報開示の曖昧なニュースしかない現在の状況を鑑み、新たな「政治家の家」を建て直し、プロジェクトの継続を決意しました。今回のWindow Galleryでは、建て直しのため壊した福島の「政治家の家」の一部を東京に持ち込み、吉田尚弘撮影によるドキュメント映像と共に展示し、風化しつつある福島の原発問題の再考の一端を促そうという試みを行います。
展覧会期中には、東日本大震災・東京電力原発事故以後、文化による復興支援事業に携わってこられた福島県立博物館の川延安直氏をお招きし、「福島のことうちとそと」というテーマで開発との対談を大震災・原発事故から6年目の3月11日に開催いたします。
[関連イベント]
トークイベント
日時: 3月11日(土)14:00-16:00
出演: 川延安直(福島県立博物館 学芸員)、開発好明
会場:NADiff a/p/a/r/t 店内
定員:50名
入場:1,000円
※詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2017年02月28日 ~ 2017年03月26日

アーティスト

開発好明

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use