ヴォルデマース・ヨハンソンズ 「Uncertainty Drive / 不安定装置」

LOKO GALLERY

poster for ヴォルデマース・ヨハンソンズ 「Uncertainty Drive / 不安定装置」

本日終了

ヴォルデマース・ヨハンソンズは、ラトビア,リガをベースに活動する作曲家であり、現代美術作家です。音や光、映像などの様々なメディアを用いた、まるで実験装置のようなインスタレーション作品は、科学的なリサーチに基づき精密に設計され、人間の知覚と環境との関わりについての考察が込められています。
日本では初の発表となる本展でヨハンソンズが選んだテーマは「不安定性」です。
散逸構造論で知られる物理学者イリヤ・プリゴジンは「不安定さと創造性は私たちの世界に内在している」という言葉を残しました。それは、自然界の法則の、"予測不可能であるがランダムではない"という性質が、アートやデザインの実践、そして人間の創造性や想像力に大きな影響を与えるということを示唆しています。本展で発表される新作のサウンドインスタレーション「Uncertainty Drive(不安定装置)」には、微量の放射性物質を含んだサンプルが使用されています。放射性物質は、その不安定な原子核が崩壊を起こす瞬間に放射線を放出します。放射性崩壊の確率上の頻度は物質により決まっていますがそれがいつ起こるのかは予想できません。本作では、予測できないタイミングで放出される放射線をガイガー=ミュラー菅が感知し、そのデータをもとに「楽器」がその場で音を作り出します。放射線による展示空間の目に見えない環境の変化はアートワークを通じて可聴化されます。放射線は人間の五感では感知することができません。しかしそれは様々なかたちで自然環境にあまねく存在し、エネルギーや医療、バイオテクノロジー等の分野で人間の営為にも深く関わっています。また、核兵器や原子力発電の存在については現在も多くの議論がなされており、未だ解決の道筋さえ見えない大きな課題として我々の前に横たわっています。ヨハンソンズの作品は、知覚できないものを捉えるための想像力を喚起するとともに、環境と人間を繋ぐインターフェイスのように機能します。そして、私たちの置かれた情況が、物理的にも、社会的にも多様な不確定要素によって複雑に成り立っているということを再認識させるのです。
[関連イベント]
アーティストトーク/レクチャー
日時: 10月27日(金)19:00〜
会場: 駐日ラトビア共和国大使館
※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2017年10月25日 ~ 2017年11月18日
日曜日・月曜日・祝日は休館

オープニングパーティー 2017年10月25日18:00 から

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで
不定期休館

アクセス

〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町12-6
電話: 03-6455-1376 ファックス: 03-6455-1378

東急東横線代官山駅北口より徒歩7分、JR渋谷駅南口より徒歩10分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use