レイモン・サヴィニャック 展

Bunkamura ギャラリー

poster for レイモン・サヴィニャック 展
[画像: 「Monsavon」 1980年代 リトグラフ 102×71cm]

このイベントは終了しました。

28歳まで独学でデザイン業界を歩み、その後『アリアンス・グラフィック』のカッサンドル(イヴ・サンローランのロゴ制作者)の誘いで、助手として働きはじめます。彼の指南のもとたくさんのポスターを描く中、41歳のとき、モンサヴォン社の牛乳石鹸のポスターが大ヒット。その日からパリの街は彼の陽気な作品であふれ、街行く人々の足を止め笑顔にし続けているのです。晩年には港街トゥルーヴィル・シュル・メールに移住し、この街のためにたくさんの作品を描きました。その日からパリの街は彼の陽気な作品であふれ、街行く人々の足を止め笑顔にし続けているのです。晩年には港街トゥルーヴィル・シュル・メールに移住し、この街のためにたくさんの作品を描きました。市立ヴィラ・モンテベロ美術館には現在、数百種類にもおよぶサヴィニャック作品が収蔵されています。
本展では、こうしてたくさんの人々を笑顔にしてきた当時のポスターを一堂に集め、貴重な原画作品とともに展覧販売いたします。

[関連イベント]
ギャラリートーク
サヴィニャックの世界的コレクター山下純弘氏をお迎えし、作品についてのお話はもちろん、彼のアイデアとユーモアの秘密に迫る貴重なお話を伺います。
日時: 3月13日(月)14:00~(30分程度を予定)
会場: Bunkamura Gallery
※事前予約不要
※上記の時間に直接Bunkamura Galleryへお越しください。

メディア

スケジュール

2017年03月08日 ~ 2017年03月20日 17:00
開館時間: 10:00~19:30

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use