「BankART Life Ⅴ (5) - 観光」展

BankArt Studio NYK

poster for 「BankART Life Ⅴ (5) - 観光」展

このイベントは終了しました。

観光のスタートは、BankART Studio NYKを巡る旅から始まります。1953年生まれのコンクリートの荒々しい空間に咲く花畑と海を彷徨いながら、建築家により封印された光の部屋(島)を訪ね歩きます。河岸には、草木が繁茂し、動物たちがポツネンと存在する楽園が出現。水上の家を訪ねる事もできます。NYK本体のあとは、黄金町への道程「近くにあるのに気づかない街」を巡るプログラムです。「日本郵船博物館」に立ち寄り、日本近代の礎を築いた帝蚕倉庫群の跡地、北仲地区へ。現在ここは再開発のまっただなかで、新市庁舎の工事も進んでいますが、12年前には253名ものクリエイターのシェアスタジオ「北仲BRICK&北仲WHITE」があった場所です。今回、展覧会期間にあわせて、「北仲COOP」と称した創造都市の知の集積であるミュージアムショップがオープンします。(主催:横浜創造界隈共同体)ここに掲げられたアーティストの言葉は、白い仮囲をぐるっと巡ります。そして「国道16号線を渡れ!」の号令のもと、ぴおシティの地下道をくぐると野毛地区へと出ます。ここまでくると黄金町はすぐそこです。「歴史的建造物(未活用)」や「横浜の郊外住宅」、「アーティストのシェアスペース」を巡るツアーや、「続・朝鮮通信使2017~韓国のオルタナティブ」等の特別メニューも用意されています。
※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。
[関連イベント]
BankART Life V特別企画アーティストトーク
「今、考えていること、行っていること」
日時と登壇者:
10月25日(水)18:30~
丸山純子、高橋啓祐、曽我部昌史(みかんぐみ)
10月27日(金)19:30~
開発好明、関川航平
11月2日(木)18:30~
鈴木理策、牛島達治
会場: BankART Studio NYK / 1F / Pubスペース
参加費: 無料(ドリンクオーダー)
※ご予約方法は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2017年08月03日 ~ 2017年11月05日
第2・第4木曜日は休館、10月17日〜29日と11月2日〜11月4日は21:30まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use