宮廻正明 「行間のよみ」

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

poster for 宮廻正明 「行間のよみ」

このイベントは終了しました。

自然や人間を現代的な感覚と独特の視点で見つめ、裏彩色という古典技法で描いてきた宮廻は、再興日本美術院(院展)で受賞を重ね、同人・理事として活躍を続けています。さらに、近年では日本画という枠を越えた絵画としてロシア、ハンガリー、ポルトガル、イタリアなどで個展を開催し、自身の芸術を世界各国で積極的に発表しています。また、東京藝術大学では、文化財保存学専攻保存修復日本画研究室の教授として後進の育成に取り組みながら、社会連携センター長として「クローン文化財」をはじめとする藝大発のイノベーションを社会に発信してきました。本展では、宮廻正明の卒業制作から現在に至るまでの歩みと、独自の芸術世界を一堂に展観いたします。
[関連イベント]
日時: 2018年1月6日(土)・7日(日)・13日(土)・14日(日) 各日13:00〜
参加費: 無料
※詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年01月04日 ~ 2018年01月17日

アーティスト

宮廻正明

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use