「絵画性とは何かー -「絵画のための見晴らし小屋」をめぐって - 」トークイベント

ナディッフ アパート

poster for 「絵画性とは何かー -「絵画のための見晴らし小屋」をめぐって - 」トークイベント
[画像: 母袋俊也]

このイベントは終了しました。

母袋俊也の作品集出版記念トークイベントを開催いたします。母袋俊也は、平面絵画と並行して、1990年代末から「絵画のための見晴らし小屋」というユニークな視覚体験装置の制作をはじめました。母袋の「絵画のための見晴らし小屋」は、野外に設置されることを前提とした小屋の形態をもちます。鑑賞者がその小屋の内壁に切り取られた窓を見ると、矩形に切り取られた風景が絵画としてたちあらわれ、絵画としての風景を鑑賞者が体験するというサイト・スペシフィックな作品です。この度のイベントでは埼玉県立近代美術館の梅津元氏をお迎えし、「絵画のための見晴らし小屋」のこれまでの展開や、母袋の絵画観について詳しくお話をうかがいます。
会場: NADiff a/p/a/r/t
定員: 50名
入場料: 1000円
※詳細は公式ホームページをご確認ください。
[関連イベント]
母袋俊也展「絵画のための見晴らし小屋-小装置とドキュメント-」
会期: 2017年4月3日[月]― 4月15日[土]
会場: Cross View Arts(ギャラリーなつか内)
開場時間: 11:00〜18:30 ※日曜休館、土曜は17:00まで

メディア

スケジュール

2017年04月09日

アーティスト

梅津元母袋俊也

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use