田中宏美 展

ギャラリーペピン

poster for 田中宏美 展
[画像: 田中宏美「view’17-3」、アクリル絵具・綿布、325×413 ㎜]

このイベントは終了しました。

田中宏美は2002年女子美術大学卒業後、同大学大学院を2004年に修了、2009年には「VOCA展」へ選出されての出展、中堅作家に入る現在も描き・発表を続けている。
田中の作品は、画面のほとんどを白が覆い、落ち着いた黄色でその上に線を描いている。鑑賞者は見ているうちに気が付く、黄色のそれが山の稜線であることに。
そしてまた更に見つめていると、白(雪)の下に重なる多色が浮かび上がってくる。田中は何層も色を重ねて白で覆い、削る作業を行うことで、鮮やかで淡く美しい色を浮かび上がらせる。大きな山は生命体であり、色鮮やかな淡い発光は生命力そのものなのだ。田中は登山やクライミングを趣味とする。これは想像の範疇だが、山の稜線を足と手で確認し、体に落とし込んでいるのではないだろうか。そして自分自身がその壮大な山に挑み、自己の生命力と向き合うことで、終わりのない絵画表現への持久力を蓄えているのかもしれない。
秋が深まって参りました。四季が乱れている昨今だからこそ、自国の四季が与えてくれる情感の豊かさを感じます。

メディア

スケジュール

2017年10月26日 ~ 2017年12月14日
毎週木曜日・11月22日(水)開館、11月23日(木)は休廊

アーティスト

田中宏美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use