「明治維新150年 幕末・明治 -激動する浮世絵」展

太田記念美術館

poster for 「明治維新150年 幕末・明治 -激動する浮世絵」展
[画像: 歌川芳虎「信長公延暦寺焼討ノ図」(前期展示)]

このイベントは終了しました。

今から約150年前、長らく続いた江戸幕府が崩壊し、新たに明治政府が樹立するという、時代の大きなうねりが起こりました。幕末・明治の浮世絵師たちは、時には、戊辰戦争や文明開化といった社会の変化を描き、時には、西洋文明の影響を受け入れながら、新たな絵画表現にチャレンジしました。
来年、平成30年(2018)は、明治維新からちょうど150年にあたります。それを記念し、本展覧会では、幕末から明治にかけて制作された浮世絵約150点(前後期で展示替えあり)を紹介します。幕末・明治という時代にあわせて激動していく浮世絵をお楽しみください。
前期: 1月5日(金)~28日(日)
後期: 2月2日(金)~25日(日)

[関連イベント]
1. 学芸員によるスライドトーク
日時: 2018年1月8(月・祝)、19日(金)、23日(火)、2月6日(火)、12日(月・祝)、23日(金) 14:00~(40分程度)
場所: 太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法: 申込不要、参加無料(要入場券)

2. 若手研究者講演会
・2018年2月3日(土)「明治の浮世絵にみる,<江戸>-楊洲周延を中心に」村瀬可奈氏(町田市立国際版画美術館)
・2018年2月17日(土)「浮世絵に描かれた母子の姿 -喜多川歌麿と菊川英山を中心に」洲脇朝佳氏(國學院大學大学院)
・2018年2月24日(土)「肉筆浮世絵の技法と復元」向井大祐氏(東京藝術大学)
時間: 各回14:00~15:30
場所: 太田記念美術館 視聴覚室(B1)
参加方法: 申込不要、参加無料(要入場券)

メディア

スケジュール

2018年01月05日 ~ 2018年02月25日
1月29日(月)~2月1日(木)は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use