「琳派の美と光琳茶会の軌跡」展

MOA美術館

poster for 「琳派の美と光琳茶会の軌跡」展

このイベントは終了しました。

尾形光琳(1658~1716)は、本阿弥光悦や俵屋宗達の作風を慕いながら、独自の画風を築き上げた琳派の大成者として知られています。MOA美術館は、昭和60年、開館3周年記念事業として小西家文書の中にある光琳筆の図面や大工仕様帖等の資料を基に光琳屋敷を復元し、これを機に茶の湯文化の普及・振興と、光琳芸術の顕彰を願いとして、光琳茶会を発足しました。毎年2月に開催される本茶会は、国内有数の美術商・数寄者のご協力のもと、毎回趣向を変えながら開催され、数多くの光琳作品が出展されました。
この度、「琳派の美と光琳茶会の軌跡」を開催し、光琳芸術の魅力を紹介いたします。本展では、これまで各席の床に掛けられた尾形光琳の優品を展観いたします。さらに館蔵の光悦、宗達、光琳、乾山、抱一など琳派作品の中から光琳茶会にて取り合わされた作品を展観し、その軌跡をふりかえります。
[関連イベント]
当館学芸員による光琳屋敷ガイドツアー
日時: 05月27日(土) 13:30〜14:30
場所: 2Fメインロビーの受付の前
料金: 2000円(入館料は別途必要・抹茶と和菓子付)
定員: 各回20人(要予約)
※詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2017年04月28日 ~ 2017年06月06日

アーティスト

尾形光琳

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

Six Golden Week Getaways

Art around beaches, lakes, and highlands for short GW excursions.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use