アルマンド・サラス・ポルトゥガル 「Casa Barragán」

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム

poster for アルマンド・サラス・ポルトゥガル 「Casa Barragán」
[画像: Armando Salas Portugal, “Casa de Luis Barragán - Vista hacia el cielo desde el patio de las ollas”, ca. 1965/ca. 1975, gelatin silver print, 25.2 x 20.2 cm © Barragan Foundation / 2017, JASPAR, Tokyo G1068 / Courtesy of Fundación Archivo Armando Sala

このイベントは終了しました。

日本で初個展となる本展では、作家が40年余りに亘り専属写真家として、その建築を記録に収めてきたメキシコ近代建築の巨匠、ルイス・バラガンの自邸であるバラガン邸を撮影した作品を約14点展示いたします。アルマンド・サラス・ポルトゥガルは、郷里メキシコの多彩な自然環境に魅せられ、活火山を多く抱える山間部や谷間、砂漠や高原、山村僻邑、マヤ文明の遺跡が残るジャングルなど、各地を旅し、その風景を写真に収めました。美しい光景に抱かれ心の赴くまま、目に映る全てを慈しむように撮られた写真群は、メキシコの風景に関する類稀な記録として蓄積し、1941年以降、自然愛好を目的とした市民団体El Club de Exploraciones de Méxicoの発行する機関誌『La Montaña』に掲載される他、個展やグループ展で展覧の機会を得ます。半生に亘る協働関係を結ぶこととなる建築家、ルイス・バラガンとの出会いはまさに、1944年、メキシコシティで開催された展覧会会場にて、バラガンが後に大規模な住宅地を構想することとなる溶岩台地ペドレガルの写真を展示した際に生じたものでした。

メディア

スケジュール

2017年10月10日 ~ 2017年11月11日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use