「with Cats」展

Megumi Ogita Gallery

poster for 「with Cats」展
[画像: 青野正「鉄猫」 2017年 14 x 4.5 x 11cm 鉄]

このイベントは終了しました。

自由で、いたずら好き、可愛らしい色々なポーズをとり人々を魅了する猫。時代や宗教によって、神格化、迫害や敬愛される対象となってきた猫は、何千年にも渡りいかなる時も人々や時代に寄り添い続けてきました。古代エジプトの女神、バステトは猫の姿をした神として知られています。またアートの世界でも歌川国芳、藤田嗣治、朝倉文夫、アンディ•ウォーホル等、多くの作家が猫をモチーフに、歴史的な作品を残しています。今展ではメグミオギタギャラリー作家より彫刻、絵画作品、約20点が展示される予定です。今展には各作家が真剣に「猫」を見つめつくり出した、普遍的な価値を持つ作品が一堂に集まります。今展でも見られるように、猫は多様な表現を可能にします。それは、長い間社会や人間と共に歩み、時に歴史の重要な役割を担ってきた猫を、私たちが潜在意識の中で常に感じているからに違いないでしょう。「歴史化」された猫であるからこそ、その種類を問わず「猫」そのものを愛でる昨今の猫ブームは、実は人々の奥底の意識が表出した結果かもしれません。もの派、などのムーブメントのように、「猫」を描くことそのことが歴史的な事として捉えられる日も来るのではないでしょうか。

メディア

スケジュール

2018年01月16日 ~ 2018年02月03日

オープニングパーティー 2018年01月16日17:30 から 19:30 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use