テリー・ウインタース 「Print Show vol.3」

キドプレス

poster for テリー・ウインタース 「Print Show vol.3」
[画像: テリー・ウインタース 「Fourteen Etchings」]

このイベントは終了しました。

「Fourteen Etchings」は、1988年にULAEより刊行された14点の銅版画からなる版画集の名作です。それぞれ14点からなる作品は、19世紀のドイツの解剖学書から引用した人体の骨格のX線写真とダイレクトグラビュールをベースとした銅版画を組み合わせて作られています。X線写真は、頭部から始まりページが進むごとに胸部、腕部、腹部、腰部と身体の下部に進み最後に足部となります。銅版画のそれぞれのイメージは、必ずしもX線写真と直接的に関わるものではありませんが、抽象的なイメージと具体的なX線写真を同一画面上で視覚することによって、ある種の有機的な感覚が不思議と呼び起こされます。限りなく静謐でありながら豊かな感性の上に象られた作品です。またこの機会に、2005年の来日の時に制作した、和紙に刷られたリトグラフ、『Composite』も展示いたします。

メディア

スケジュール

2017年04月28日 ~ 2017年05月28日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use