「アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも? - そこにある価値 - 」展

Eye of Gyre

poster for 「アールブリュット?アウトサイダーアート?それとも? - そこにある価値 - 」展

このイベントは終了しました。

近年、精神や知的に障がいのある作家の創作物がにわかにスポットライトを浴びています。
その作品をアールブリュット(生の芸術)と呼ぶ人もあれば、アウトサイダーアート(正規の芸術教育を受けない者による芸術)と呼ぶ人もあります。純粋な動機による生の技術、既存のアートの世界の外にいる者による芸術。はたまた障がい者アート。本展覧会では、それらの作品が、社会にどう価値をもたらすか問いたいと思います。これらの作品をどうカテゴライズするのか。そもそも「障がい者」というカテゴリーをどこで切り分けるのか。「障がい」とは一体何なのか。きらめく作品たちを前に、枠の外と枠の内、少数であること、既成概念を裏切ることの意味を考えます。これらの作品が発する目に見えない力(エネルギー)が、あなたを縛る様々な制約からあなたを自由にする。真の多様性への扉となる展覧会です。

メディア

スケジュール

2017年03月09日 11:00 ~ 2017年04月02日 20:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use