「MOMASコレクション 第2期」展

埼玉県立近代美術館

poster for 「MOMASコレクション 第2期」展
[画像: ルノワール「三人の浴女」(1917-1919)]

このイベントは終了しました。

幻想的な作風で知られる画家・シャガールやフランスで活躍した県ゆかりの画家・田中保など、西洋近代絵画に日本近代の作品を交えて紹介します。国際的に活躍する彫刻家・遠藤利克の作品で重要な焼成のプロセスを、「供犠」の論理で検証します。企画展「遠藤利克展―聖性の考古学」との連動展示。倉田弟次郎、倉田白羊など、明治を代表する洋画家・浅井忠に学んだ画家たちの作品や資料を通して、近代洋画の草創期を探ります。
[関連イベント]
1、サンデー・トーク
内容: 学芸員が展示作品から1点を選んで展示室内で解説します。
場所: 1階展示室
日時: 8月13日 (日) 15:00~15:30/作品:倉田弟次郎《根岸田圃》1892年/担当学芸員:前山裕司
日時: 9月17日 (日) 15:00~15:30/作品:遠藤利克《「泉―9個からなる」写真 Ⅰ》1989年(プリントは1993年)/担当学芸員:梅津元
費用: MOMASコレクション観覧料が必要です。
2、美術館サポーターによる作品ガイド
内容: 7月22日 (土)、23日 (日) を除く会期中の毎日14:00から30分程度、美術館サポーター (ガイド・ボランティア) が展示作品について解説します。
場所: 1階展示室/費用:MOMASコレクション観覧料が必要です。

メディア

スケジュール

2017年07月22日 ~ 2017年10月01日
開館時間: 9月18日は開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use