東城信之介 「Cover up the ここ」

スパイラル

poster for 東城信之介 「Cover up the ここ」
[画像: 「rakubomu」(2017)、鋼板・錆 1,800×900 mm、「SICF18」グランプリ受賞作品]

このイベントは終了しました。

本年5月に開催したSICF18(第18回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)に於いて出展クリエーター150組の中からグランプリに輝いたアーティスト・東城信之介による個展「Cover up the ここ」を2018年1月9日(火)~14日(日)にショウケース(スパイラル 1F)にて開催します。
わずか0.3mm厚の鋼や銅など多種多様な金属板を酸化させたり、その表面に細かい傷をつけることによって、素材の奥にも手前にも不思議なイリュージョン空間が生み出された、作品の数々。観る者の視力や見る角度、光などさまざまな環境や条件によって、まるで生き物のように絶えず変化して目の前に立ち現れる表情は、レンチキュラーやホログラムとはまた違う、未だかつて経験したことのない視覚体験へと私たちを誘います。SICF18では、自在にイリュージョン空間を生み出す精妙な技術力と、絵画と彫刻の境界を巡る美術史上の議論を想起させながらも、なお新しい道を提示したことが高く評価され、グランプリ受賞に至りました。SICF18では、素材の表面に視覚的な3次元空間を生み出す精妙な技術力と、絵画と彫刻の境界をめぐる美術史上の議論を想起させながらも、なお新しい道を提示したことが高く評価され、グランプリ受賞に至りました。
本展は、各国のアートフェアへの出展や、中之条ビエンナーレ(群馬)の立ち上げメンバーとして活躍するなど、長くキャリアを積む一方で、東京のアートシーンにおいて広く紹介されることのなかった東城の、東京・青山での初の個展となります。

メディア

スケジュール

2018年01月09日 ~ 2018年01月14日

アーティスト

東城信之介

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use