「17世紀の古伊万里 - 逸品再発見Ⅰ - 」展

戸栗美術館

poster for 「17世紀の古伊万里 - 逸品再発見Ⅰ - 」展

このイベントは終了しました。

「うつわを見る」時、何に注目されるでしょうか。何焼であるのか、何に使うものか、あるいは色や文様でしょうか。しかしこれらの他にも、やきものには実に多くの見所があるのです。同じ「古伊万里」でも、丸い皿もあれば四角い皿、花形の皿もあり、素地の白さも青味がかったものもあれば乳白色のものもあり、一様ではありません。それぞれの違いが何によって生まれているのか、一歩踏み込んで考えながら観察していると、ふと、うつわの新たな一面を発見できることがあります。その時、今まで目に留めることのなかった作品が、急に自分だけの「逸品」になるかもしれません。
 とくに今回取り上げる17世紀は古伊万里にとって、誕生と技術革新によって、多様な作品が生み出された時代です。「かたち」や「素地の白」など15のテーマのもとに並んだ個性豊かな約70点を、じっくり観察しながら皆様のお気に入りの「逸品」を是非探してみてください。
[関連イベント]
1、展示解説
戸栗美術館では各展覧会期間中、毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日に、当館学芸員による展示解説を行います。
日時: 毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~、毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~
2、とぐりの学芸員講座
よりやきもの鑑賞を楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。各回90分程度、参加費500円(入館券を別途お求めください)。
先着30名様、要事前予約。
日時: 第1回: 6月19日(月) 14:00~ 森由美(当館学芸顧問) 「陶器と磁器 初期の水指が語ること」
第2回: 7月3日(月) 14:00~ 小西麻美(当館学芸員)  「館蔵品にみる朝鮮陶磁入門」
3、夏休み!キッズプログラム
【とぐり式 お宝の包み方を学ぼう】小学生を対象に、木箱と風呂敷を使って美術品の包み方をレクチャーします。ご参加の皆様に戸栗美術館特製風呂敷をプレゼント。
日時: 2017年8月11日(金・祝)~13日(日) 毎日14:00~15:00
参加費: 一人500円、予約不要ですが保護者の方がご同伴ください
応募方法: 往復はがきに住所、氏名、電話番号、希望日時を明記の上、お申込みください。
応募多数の場合は抽選、当選者にはご連絡いたします
第1回・第2回 お申し込み締切:5月14日必着
当選通知: 5月末

メディア

スケジュール

2017年05月27日 ~ 2017年09月02日

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: July 2017

Exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use