尾関 幹人 「静と動」

CLEAR EDITION & GALLERY

poster for 尾関 幹人 「静と動」
[画像: S&D1, 2017 / hand cut archival paper / 81.3 x 101.6 cm]

5日後終了
本日(月曜日)休館

近年の尾関の作品やコラボレーションからは切り絵という枠にとらわれることなく、より自由な発想で制作に対してアプローチしているのがわかります。個展に合わせて届いた本人のステイトメントからも心境/作風の変化を伺うことができます。
「静と動。思考停止。相反して、活性化する想像。無意識と意識。生命を司る血液の流れ、静脈と動脈のように基礎として流れる「何か」を紙で産み出します。」
尾関の過去作には一枚の黒い紙から即興的に連続したパイプなどの工業的なパーツが増殖し、最終的にはどこか悲哀に満ちたロボットとして完成がするという一連の具象作品群があります。この時は一枚の紙を切り抜いていくことによって一つの疑似生命体を作ってきましたが、作風が変わるにつれ形状は抽象的になり、切っている紙自体も色がつき、さらに重ね始め、何かの気配をフレームに閉じ込めて描いているかのような意識の変化があったように思えます。
今年に入りフェイスブックの日本社屋用に制作した作品には臓器の様な有機的な形状が幾重にも複雑に絡み合い、全体として一つの塊を構成するものとなりました。尾関の切り絵における身体性の追求もその一つではありますが、振り返ると一貫してある種の「生命力」に彼が惹かれているように思えます。シリーズごとに視点を変え具象的な全体像から顕微鏡を覗いた細胞組織のような抽象的な色合いと形状の絡み合い、そして直近の作品ではまた一歩俯瞰して見た命の単位の様な有機的なフォルムの集合が見られるのです。
今回の個展で尾関は改めて切り絵という技法に向き合い、その可能性を探求いたします。

メディア

スケジュール

2017年09月01日 ~ 2017年09月30日
月曜日・日曜日・祝日は休館、9月23日は開廊

オープニングパーティー 2017年09月01日19:00 から 21:30 まで

アーティスト

尾関 幹人

ホームページ

http://www.clearedition.jp/web/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで
月曜・日曜・祝祭日休館

アクセス

〒106-0032 東京都港区六本木7-18-8 岸田ビル2F

東京メトロ日比谷線六本木駅2番出口より徒歩2分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use