星野友幸 「人シリーズ」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 星野友幸 「人シリーズ」
[画像: 星野友幸「ある女たち」(2017)、左 H375×W190×D170mm、中央 H410×W210×D180mm、右 H345×W190×D135mm]

このイベントは終了しました。

星野友幸氏の作品は、白地にピンク色の練り込み模様が幾筋ものラインやマーブル模様を描く、優美で凛としたたたずまいの白磁のうつわです。作品は、「練継(ねりつぎ)」いう星野氏独自の技法でつくられています。この言葉も星野氏による造語で、伝統的な技法である「練上(ねりあげ)」と「胴継(どうつぎ)」を組み合わせたものです。「練継(ねりつぎ)」は、磁器土にピンクの顔料を練り込んだパーツと、磁器土のままのパーツをロクロで別々に成形したのち、両方を接続することでつくられています。さらに乾燥後、表面や口縁をカンナで削り出して錬り込み模様に変化をつけ、緊張感あふれるかたちが誕生します。「足元の練り込み模様から稜線に沿って口縁へ、そして見込(うつわの内側)の練り込み模様へと、見る方の視線の動きを意識して制作」していると星野氏は話します。今展ではさらに人間をテーマにした「人シリーズ」を発表します。外形のみならず、人間の内面をも形に表すことを目指した新作を含む10点を展示します。

[関連イベント]
アーティストトーク
日時: 11月6日(月) 18:30~19:00
※申込不要

メディア

スケジュール

2017年11月06日 ~ 2017年12月21日
水曜日、11月26日(日)は休館

アーティスト

星野友幸

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use