山田浩之 「つち大根は、神様になる。」

白白庵(旧neutron tokyo)

poster for 山田浩之 「つち大根は、神様になる。」

このイベントは終了しました。

丹波で修行を積み信楽に窯を据え、ユニーク極まりないアイデアと熟練の技術で世代を代表する作家でありながら、未だ山田浩之の実力は正当に評価されているとは言い難いのです。「ルーツ」は時に作家を縛り付け、時に多大に後押しもするものですが、山田の「根」は自らの意思によって貪欲に四方八方に侵食し、作家自身もコントロールしきれないほどの引き出しの多さを身につけてきました。代表作「つち大根」は、彼の魅力が大根の養分さながらにぎゅぎゅっと凝縮され、旨味の詰まった作品シリーズです。その作風だけでなく展開方法もまた変わっており、国内外の各所で野菜さながらに無人販売所を設置し、本当に無人で放置、人間の善意に頼る形で販売してきたものであります。やがて大根は彼の中で神格化し、昨年の琵琶湖ビエンナーレでは巨大な大根様として登場、観客の度肝を抜きました。その根は地球上のあらゆる養分を吸い取るがどとく獰猛に、しかしながら生命の確かな存在の由来として、存在感を見せつけたのです。今ここに、山田浩之の「つち大根」シリーズの総決算としての個展を開催致します。神格化し人間界に降臨した大根神(GOD-Great Object Daikon)のインスタレーションのほか、最新作の赤絵のシリーズの器など、見るだけでなくコレクションにも絶好の機会となるでしょう。

メディア

スケジュール

2017年11月03日 ~ 2017年11月12日
開館時間: 11:00〜19:00、11月9日(木)は休館

オープニングパーティー 2017年11月03日16:00 から 19:00 まで

アーティスト

山田浩之

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use