「 『クリエイションの未来展』 第12回隈研吾監修 高知県梼原町の和紙職人 ロギール・アウテンボーガルド × 建築家 隈研吾」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 「 『クリエイションの未来展』 第12回隈研吾監修 高知県梼原町の和紙職人 ロギール・アウテンボーガルド × 建築家 隈研吾」

このイベントは終了しました。

「クリエイションの未来展」では、2014年9月より日本の建築・美術界を牽引する4人のクリエイター、清水敏男氏(アートディレクター)、宮田亮平氏(金工作家)、伊東豊雄氏(建築家)、隈研吾氏(建築家)を監修者に迎え、それぞれ3ケ月ごとの会期で独自のテーマで現在進行形の考えを具現化した展覧会を開催しています。今回は、建築家の隈研吾氏監修のもと、「高知県梼原町(ゆすはらちょう)の和紙職人 ロギール・アウテンボーガルト×建築家 隈研吾」を開催します。
高知県梼原町は町面積の91%を森林が占め、標高1485mの雄大な四国カルストに抱かれた自然豊かな山間の小さな町です。高知県梼原町と隈研吾氏の関わりは30年以上前にさかのぼり、隈氏初めての木造建築として「雲の上のホテル」を設計したことから始まります。その後「梼原町総合庁舎」、「まちの駅『ゆすはら』」などを設計し、その内装にロギール・アウテンボーガルト氏制作の和紙が使われました。複数種類の土佐和紙を繋いでギャラリー全体を覆い洞窟のような空間を生み出し、職人の技術を駆使した柔らかくも力強い素材の奥深さを体験して頂きます。また、アウテンボーガルト氏のオブジェ作品や土佐和紙の紙見本、紙漉き道具や楮、三椏、雁皮などの植物素材も展示する予定です。ユネスコの世界無形文化遺産にも登録された紙漉き技術による和紙ですが、今展では内外の視点をあわせ持つアウテンボーガルト氏の作品を通して、改めてその魅力を探ります。
[関連イベント」
ワークショップ 土佐和紙づくり
講師: ロギール・アウテンボーガルト
日時: 2017 年 7 月 19 日(水)14:00~16:00
参加費: 3,500 円(材料費・指導費込)
定員: 12名
会場: LIXIL GINZA 1F 要申込
※詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2017年07月06日 ~ 2017年09月26日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use