「まなざしの洋画史 - 近代ヨーロッパから現代日本まで-」展

栃木県立美術館

poster for 「まなざしの洋画史 - 近代ヨーロッパから現代日本まで-」展
[画像: ピエール=オーギュスト・ルノワール 《マドモワゼル・フランソワ》 1917年 茨城県近代美術館蔵]

66日後終了

ターナー、コンスタブルら19世紀イギリス美術やルノワール、モネ、シスレー、ピサロらフランス印象派を中心とした西洋絵画の特集展示を皮切りに、明治時代に日本洋画の礎を築いた高橋由一や黒田清輝、激動の大正・昭和に国家や個人の間で揺れ動いた中村彝、佐伯祐三、松本竣介、戦後の画壇で活躍した斎藤義重、白髪一雄ら日本を代表する洋画家たちによる約 100点の名品の数々により、個人と社会、人生と世界を見つめ続けた洋画家たちのまなざしを追いかけます。日本と世界との変わり続ける関係性の中で揺れ動き、変貌していく社会や都市の激動に翻弄されながらも、個人として、画家としての生き方を模索し、限りない表現可能性を追い求め続けた洋画家たちが織りなす洋画史を一望できるまたとない展覧会です。
※6月10日 (土)、11 (日)、15 (木) は入場無料 。
[関連イベント]
1.「意識の近代と日本洋画の“れきし”」講演会
講師: 小泉淳一(茨城県近代美術館美術課長)
日時: 2017年6月3日(土)午後2時~(90分程度)
場所: 集会室
※事前申込みは不要です。聴講無料。
2.担当学芸員によるギャラリー・トーク
企画展担当学芸員が会場を巡りながら解説します。各回1時間程度。
日時: 2017年4月22日 (土) 午後3時30分~ (60分程度)、2017年5月14日 (日) 午後2時~ (60分程度)、2017年6月25日 (日) 午後2時~ (60分程度)
場所: 企画展示室
※企画展入口付近にお集まりください。
※事前申込みは不要です。当日の企画展観覧券が必要です。

メディア

スケジュール

2017年04月22日 ~ 2017年07月02日

入場料

一般 800円、大学生・高校生 500円、中学生以下無料

アートスペースの開館時間

9:30から17:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休館

アクセス

〒320-0043 栃木県宇都宮市桜4-2-7
電話: 028-621-3566 ファックス: 028-621-3569

JR宇都宮駅、東武宇都宮駅から関東バス〔作新学院・駒生行〕桜通十文字下車 約15分もしくはJRバス〔作新学院・JR車庫行〕桜通十文字下車 約15分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use