「つまり猫は、最高傑作である。」展

ギャラリー アートもりもと

poster for 「つまり猫は、最高傑作である。」展

このイベントは終了しました。

ダ・ヴィンチ、ピカソ、ダリ、フジタ、国芳...アートの巨匠たちも猫に首ったけ。古今東西、この小さな動物はしばし作品の題材となってきました。昨年大好評をいただいた猫展の第2弾です。今回は当画廊を含め4ヵ所の連携展示となります。信濃町の佐藤美術館では、夏目漱石生誕150周年、新宿区「漱石山房記念館」開館を記念した新宿フィールドミュージアム関連イベントとして人気作家70名による‘大猫展’を開催。銀座・柴田悦子画廊、大手町・SPACENIOでも多彩な猫たちに出会えます。ギャラリーアートもりもとでは油絵、日本画、彫刻など若手から中堅の人気作家が集まりました。猫だけでなく猫娘も登場します。出品作家の約半数が佐藤美術館にも出品していますので観比べるのも楽しいでしょう。この秋は猫まみれ、ぜひよろしくお願い申しあげます。

<出品作家>
阿部清子、池永康晟、石川時彦、伊勢田理沙、井原信次、岩田壮平、小川香織、加藤寛史、加茂幸子、木原千春、寒河江智果、澤田志功、篠原愛、平良志季、中尾直貴、福島沙由美、藤井佳奈、星野有紀、牧弘子、松本実桜、本木ひかり、山本雄三

メディア

スケジュール

2017年11月14日 ~ 2017年11月21日
会期中無休

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use