「アニマ・ムンディ」展

コートヤードHIROO

poster for 「アニマ・ムンディ」展
[画像: ロジャー・ディーン ]

このイベントは終了しました。

洋楽好きの方なら、ロジャー・ディーンが描く燃え立つ色使いの、重力に逆らうかのような島々をご覧になったことがある方は多いのではないでしょうか。しかしロジャーが、東京に暮らす娘のフレイヤを始めとしたアーティスト一家の父であることをご存じの方は少ないかもしれません。妻アマンダ・ディーンは、英国を拠点とするアーティストで、母親ジェーン・ディーンも現役の画家です。今回のエキシビジョンは、風景、自然、そして東洋文化をこよなく愛する一家が、それらの要素を融合させたアイデアが源泉となっています。
アニマ・ムンディとは「世界の魂」を意味し、これは道教からヒンドゥー教へ、プラトンからスピノザへと至る、東洋と西洋の哲学の歴史を通じて受け継がれる考え方です。生命のひとつひとつが独自の魂を持ち、すべての生命がつながりを持つ世界のイデア、その全体を表現したい。一家のそのような想いから、このタイトルが選ばれました。アマンダは教育の一環として中国の水彩画を習い、ロジャーは香港で育ちました。中国や香港の風景画はロジャーの作品に大きな影響を与え、さらに娘のフレイヤが東洋や東洋の絵画・手法に興味を持つきっかけとなりました。フレイヤは2年前から東京に暮らし、仕事をしながら、日本人が神話や伝説、特に自然に対して持つ西洋とは異なる独特の考え方が日本のアートワークにどのような影響を与えているのかを肌で感じ、一家のエキシビジョンを開催するのに東京が理想的な場所だと思ったのです。
ディーン一家は、今世界で起きているさまざまな出来事を目の当たりにし、自然環境がこれまで以上に不安定な状況にあると感じています。私たちに大切なことは、豊かな自然の観察者、世話役として自然と深い関係を築き、自然に対して責任を持つことです。この展覧会では、皆様に作品をご覧いただくだけでなく、光、色、自然界とのつながり、さらには作品の中に込めた物語や魂の競演までお楽しみいただけることを願っています。

メディア

スケジュール

2017年04月07日 ~ 2017年05月19日
開館時間: 12:00~19:00

オープニングパーティー 2017年04月07日17:00 から 21:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use