スティーブ・ビショップ 「What Would It Be Without You」

TALION GALLERY

poster for スティーブ・ビショップ 「What Would It Be Without You」
[画像: Steve Bishop 「Chutchie (sitting)」 (2016) Glazed ceramic 15 x 10 x 14 cm]

このイベントは終了しました。

ロンドンを拠点に、近年はヨーロッパ・アメリカの各都市での個展やアートバーゼル・ステイトメントでのソロプロジェクトでも注目を集める1983年生まれのスティーブ・ビショップは、変動期を迎えつつあるロンドンのアートシーンにおいて、新たな傾向を体現する一人と目されています。個人的でひそやかな記憶の領域と、そこに侵入するかのような象徴的トリガーが埋め込まれた映像・音響作品やインスタレーション作品を手がけ、アイデンティティの連続と断絶、懐かしさとよそよそしさ、自己と他者を包摂する空っぽの場所としての記憶や空間のハイブリディティを表現しています。アジア圏で初の個展となる本展覧会では、真夜中のキッチンでのひとときを表現するインスタレーションとともに、独自のキャラクター「Chutchie(チュッチー)」をめぐる物語と、セラミック彫刻や平面作品が展示されます。

メディア

スケジュール

2017年01月14日 ~ 2017年02月12日
定休日:月曜日、火曜日、祝日

オープニングパーティー 2017年01月14日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use