ユップ・ファン・リーフランド 「TIME TO DIE」

NANZUKA

poster for ユップ・ファン・リーフランド 「TIME TO DIE」

本日終了

ファン・リーフランドは、1966年にオランダ、ユトレヒトに生まれ。現在ベルリンを拠点に活動しているアーティストです。近年の主な展覧会として、2010年個展「Black Systems (Extended Version)」Stedelijk Museum Bureau Amsterdam(アムステルダム、オランダ)、 2014年個展「Video Palace #37-MANIAC」Museum Goch(ゴッホ、ドイツ)、2015年個展「True RGB」Galerie Gebr. Lehmann(ドレスデン、ドイツ)、2016年個展「Real Resurrection」Overbeck Gesellschaft(リューベック、ドイツ)、2014年グループ展「Infinite Jest」Schirn Kunsthalle (フランクフルト、ドイツ)、2017年グループ展「Alien Matter」(Transmediale 2017、Haus der Kulturen der Welt、ベルリン)など多数。
ファン・リーフランドは、近現代の情報媒体、特に映像テクノロジーの移り変わりに焦点を当て、ビデオカセット、テープレコーダー、ブラウン管テレビなどといったアナログ電子機器をモチーフとした様々な作品を通して、媒体の非永続性、テクノロジーの変容についての考察を促します。
その代表的シリーズである「Video Palace」は、映像フィルム、VHSカセット、ビデオレコーダー、パラボラアンテナ、ブラウン管テレビなどを大掛かりなインスタレーションで見せる作品で、デジタル化が進んだ現在ではほとんど使われることがなくなったテクノロジーの成果物を化石のように、考古学的見地から解釈される対象として再展示するものです。また、「RGB」シルクスクリーン・シリーズは、アナログ信号によってモニター画面上に映し出された画像、つまり光の三原色R(赤)、G(緑)、B(青)の集合体を拡大し、キャンバス上にシルクスクリーンによって複製された作品で、もともとアナログの電気信号によって写し出されていた光を、キャンバス上に刷られた色の集合体へと光媒体を変換させることで情報の記録形式の移り変わりを暗示しています。それら作品の表層からは1960年代を中心に注目を集めたオプアートの文脈も垣間見ることもでき、作品に備わる色・形を記号として用い、物質としての存在性よりも情報としての存在性を強めることによって、絵という媒体で存在していることの曖昧化、非永続性を強調しているようです。
今回の展覧会では、前述のRGBシルクスクリーン・シリーズ、VHSビデオテープをモチーフにした平面・立体作品、コラージュ作品に加え、特に日本メーカーの製品を用いた「Video Palace」をキャビネット形式で見せるアッサンブラージュにもチャレンジします。

メディア

スケジュール

2017年10月21日 ~ 2017年11月18日

オープニングパーティー 2017年10月21日18:00 から 20:00 まで

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで
月曜・日曜・祝祭日休館

アクセス

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB2F
電話: 03-3400-0075 ファックス: 03-3400-1228

JR渋谷駅東口より徒歩3分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use