稲垣徳文 「HOMMAGE アジェ再訪」

Gallery Bauhaus

poster for 稲垣徳文 「HOMMAGE アジェ再訪」
[画像: 稲垣徳文]

このイベントは終了しました。

アジェを敬愛する作者が、2012年から5年間かけて、番地を頼りにアジェが写し撮ったパリを再訪。 8x10の大型カメラを使って撮影した作品展。モノクローム(ゼラチン・シルバー・プリントと鶏卵紙プリント)作品約50点を展示。

[関連イベント]
ギャラリー・トーク「アジェのパリを歩く」
2017年に没後90年を迎えるウジェーヌ・アジェ。フランス国立遺産学院による鶏卵紙の作法や、アジェの先駆者的存在であり『パリ大改造』を記録した写真家シャルル・マルビルについて。二人の写真師が残したパリの写真や、アジェのイメージを探してパリで過ごした日々を語ります。
ゲスト: 稲垣徳文
日時: 4月22日(土) 19:00~ (当日は18:00閉廊、18:30より受付開始)
料金: 2000円
要予約
※お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2017年03月29日 ~ 2017年05月20日

アーティスト

稲垣徳文

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use