所蔵作品展「MOMATコレクション」

東京国立近代美術館

このイベントは終了しました。

東京国立近代美術館(MOMAT,千代田区)では、国内最大規模約13,000点の所蔵作品から約200点を厳選して紹介する所蔵作品展「MOMAT コレクション」を4階から2階で開催します。
時宜に適ったテーマや切り口で、年に数回ガラッと作品を入れ替える「MOMATコレクション」は、多様な作品をとおして明治以降の日本美術の流れをたどることができる唯一の展示として、知る人ぞ知る充実の展覧会です。
「美術館の春まつり」(3月25日~4月9日)も開かれる今期は、川合玉堂《行く春》(重要文化財)、菊池芳文《小雨ふる吉野》、松林桂月《春宵花影図》(3点とも4月16日まで展示)の3点をそろって展示します。
※作品保護のため一部作品に展示替えがあります。
[関連イベント]
キュレータートーク
「植田正治の『砂丘劇場』」
日時: 2月18日(土)14:00〜
登壇者: 増田玲
集合場所: 3階エレベーターホール

「あらためて、近代美術―西洋と日本」
日時: 3月18日(土)14:00〜
登壇者: 松本透
集合場所: 4階エレベーターホール

「うつわをめぐる美術」
日時: 4月21日(金)18:30〜
登壇者: 鈴木勝雄
集合場所: 1階エントランス

メディア

スケジュール

2017年02月18日 ~ 2017年05月21日

アーティスト

川合玉堂菊池芳文松林桂月

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use