「国立新美術館開館10周年 『安藤忠雄展―挑戦―』」

国立新美術館

poster for 「国立新美術館開館10周年 『安藤忠雄展―挑戦―』」
[画像: 安藤忠雄 光の教会]

28日後終了

元プロボクサー、独学で建築を学ぶ―という異色の経歴で知られる建築家 安藤忠雄(1941年-)は、1969年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタートして以来、既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を次々と世に送り出してきました。1990年代以降はその活躍の舞台を世界に広げ、アジア・ヨーロッパ・アメリカなど各国で、意欲的な作品を実現させています。その一方でさらに、建築という枠組みを超えた環境再生や震災復興といった社会活動にも、果敢な取り組みを見せています。本展では、この稀代の建築家が、いかに生きて、いかに創り、今またどこに向かおうとしているのか―その壮大な挑戦の軌跡と未来への展望を「原点/住まい」「光」「余白の空間」「場所を読む」「あるものを生かしてないものをつくる」「育てる」という6つのセクションに分けて紹介します。模型やスケッチ、ドローイングなど、総計200点余りの設計資料が展示される空間デザインは、安藤忠雄自身の手によるものです。会場を訪れる人は、その空間を巡る中で建築家が歩んできた道程を追体験し、建築という文化の豊かさと、その無限の可能性を再確認することでしょう。

メディア

スケジュール

2017年09月27日 ~ 2017年12月18日
9月30日(土)、10月1日(日)は22時まで開館

アーティスト

安藤忠雄

入場料

一般当日券1500円(前売り1300円)、大学生1200円(1000円)、高校生800円(600円)、中学生以下無料

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
金曜日は20:00まで
火曜休館
入館は閉館の30分前まで。

アクセス

〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
電話: 03-5777-8600

千代田線乃木坂駅6出口より直結, 日比谷線六本木駅4a出口から5分, 大江戸線六本木駅7出口から徒歩4分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

Jesse Freeman tablog review

Tadao Ando, Least Modernist of Modernist Architects

The National Art Center, Tokyo locates his unique place in his field.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use