「WASHI 紙のみぞ知る用と美」展

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 「WASHI 紙のみぞ知る用と美」展

このイベントは終了しました。

和紙でつくられたお椀、傘、着物…。その優れた特性と加工技術により、江戸時代以降、和紙の用途は一気に広がり様々な生活道具が生み出されました。 本展は、「加工」の視点から捉えた和紙の造形文化と変幻自在な素材の魅力を、江戸から昭和初期の最盛期につくられた実資料約80点より紹介します。

メディア

スケジュール

2016年12月08日 ~ 2017年02月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use