平成29年度センチュリー文化財団寄託品展覧会 「空海と密教の典籍」

慶應義塾大学アート・スペース

poster for 平成29年度センチュリー文化財団寄託品展覧会 「空海と密教の典籍」

17日後終了

入唐して日本に体系的な密教をもたらした空海(774-835)。その活動は広範囲にわたっており、唐から経典や法具を請来すると共に、独創的な著作を多く著わしています。後世には伝説化した事蹟が弘法大師伝に描かれ、空海に仮託した書物も作られました。また、真言密教の教えは、多くの法流に分岐しながらも脈々と受け継がれ、中世には貴族社会・武家社会の求めに応じて、多様な密教儀礼が展開します。そうした密教儀礼(修法)に際しても、多くの典籍が作られていきました。本展では、空海の著作やその注釈書を通して、空海の事績と伝承を紹介します。また、密教儀礼に伴って作られた典籍や仏画を通して、中世の密教僧の営みにも光を当てます。あわせて、密教や空海への信仰が、文芸など他の領域に及ぼした影響も取り上げ、密教文化の広がりを探ります。

メディア

スケジュール

2017年11月13日 ~ 2017年12月08日
土曜日・日曜日・祝日・11月23日〜11月26日は休館

入場料

無料

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
土曜・日曜・祝祭日休館
イベントにより異なる

アクセス

〒108-8345 東京都港区三田3-2-5
電話: 03-5427-1621 ファックス: 03-5427-1620

都営浅草線・都営三田線三田駅A3出口より徒歩7分、JR田町駅三田口より徒歩8分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use