「シャセリオー展 - 19世紀フランス・ロマン主義の異才 - 」

国立西洋美術館

poster for 「シャセリオー展 - 19世紀フランス・ロマン主義の異才 - 」

このイベントは終了しました。

本展はフランス・ロマン主義の異才テオドール・シャセリオー(Théodore Chassériau 1819-1856)の芸術を日本で初めて本格的に紹介するものです。
アングル門下の異端児テオドール・シャセリオーは、10代の初めに師に入門を許された早熟の天才ですが、ロマン主義の潮流の中でしだいにアングルの古典主義を離れ、独特のメランコリックな情熱と抒情を湛えた作品世界を作りあげていきました。アルジェリアを旅して彼の地の人々や風物を色彩豊かに描いたシャセリオーはオリエンタリスム(東方趣味)の画家にも数えられます。しかしカリブ海のスペインの旧植民地に生まれ、父親不在の寂しさや師との芸術的葛藤を抱えつつ独自の芸術の道を模索したこの画家自身が内面に異邦的(エキゾティック)なるものを持っていました。神話や聖書、シェイクスピア文学の一場面にせよ、東方主題にせよ、あるいは人々の肖像にせよ、いずれの作品にも漂う「エキゾティスム」こそがシャセリオー芸術の本質であり、観る者の心に響きます。
今日ではフランス・ロマン主義を代表する画家に数えられるシャセリオーですが、37歳で早逝したことや代表作の壁画が破壊されたこともあって正当な評価が遅れ、フランスでも回顧展の開催は1933年と2002年を数えるのみです。本展では、ルーヴル美術館所蔵品を中心に、絵画約40点、水彩・素描約30点、版画約10点、写真や資料などによってシャセリオーの画業全体を紹介するとともに、師や仲間、そしてこの画家から決定的な影響を受けたギュスターヴ・モローやピュヴィス・ド・シャヴァンヌらの作品約20点もあわせて展示し、ロマン主義から象徴主義への展開、そしてオリエンタリスムの系譜のなかでその芸術の意義を再考します。今回の展覧会は、フランスでもその作品をまとめて見る機会が少ないシャセリオーの作品世界に触れる絶好の機会となることでしょう
[関連イベント]
講演会
「シャセリオーと自然」
日時: 2017年3月2日(木)
登壇者: ヴァンサン・ポマレッド(ルーヴル美術館文化メディエーション局長)

「テオドール・シャセリオーと聖堂装飾」
日時: 2017年4月2日(日)
登壇者: 喜多崎親(成城大学教授)

「シャセリオーと会計検査院の大壁画」
日時: 2017年5月13日(土)
登壇者: 陳岡めぐみ(国立西洋美術館主任研究員)

会場: 国立西洋美術館講堂 (地下2階)
定員: 各回先着140名
※ 聴講無料。ただし、聴講券と本展の観覧券が必要です。
参加方法当日12時より館内インフォメーションにて本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。会場へは、開演の30分前からご入場いただけます(自由席)。

メディア

スケジュール

2017年02月28日 ~ 2017年05月28日
金曜日は午後8時まで。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use