「新・今日の作家展2017 キオクのかたち / キロクのかたち」

横浜市民ギャラリー

poster for 「新・今日の作家展2017 キオクのかたち / キロクのかたち」

このイベントは終了しました。

「新・今日の作家展」では、"今日"の名にふさわしく、テーマを設けて同時代の美術を紹介し、現代の表現を考察します。今回は「キオクのかたち / キロクのかたち」を副題に、土地や歴史の調査、人々へのインタビューなど、広く過去の事物との接触を制作過程に取り入れて作品を発表する作家を紹介します。近年、特に私たちの日常を根本から揺さぶった東日本大震災以後、記憶や記録を作品の中の重要な要素とする作 家が散見されるようになりました。その背景には、間違いなく明日も続くと思われた日々の断絶から生じた疑問、自然への驚異、記憶へのまなざしや、記録への意識などを読み取ることができます。失われてしまったものや時を経て変化したものの記録や、人々の中に息づく記憶が、作家というフィルターを通して作品へとかたちを結びます。また、その作品が新たな記録の役割をも担っていきます。 本年、横浜では同時期に「ヨコハマトリエンナーレ 2017 島と星座とガラパゴス」(8月4日~11月5日)が開催されています。同展タイトルは接続性や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性をあらわし、「接続性」と「孤立」がテーマです。本展は横浜トリエンナーレにも呼応しつつ、彼らの作品を通じて"いま"や"わたしたち"を見つめ直すきっかけを提供します。
場所: 横浜市民ギャラリー 展示室1、B1
[関連イベント]
1, 是恒さくらパフォーマンス「『ありふれたくじら』を読む」
日時: 9月23日(土・祝)、24日(日) 13:00~13:30
会場: 展示室B1
2, クロストーク「継承のかたち」
日時: 9月23日(土・祝) 14:30~16:00
会場: 4階アトリエ
出演者: 小森はるか+瀬尾夏美×山本唯人(青山学院女子短期大学助教、社会学・空襲研究)
3, 対談「1,2,3,太陽!」
日時: 9月24日(日) 14:30~16:00
会場: 4階アトリエ
出演者: 久保ガエタン×山川冬樹(現代美術家、ホーメイ歌手)
4, クロストーク「爆心地の写真」
日時: 10月1日(日)14:30~16:00
会場: 4階アトリエ
笹岡啓子×倉石信乃(明治大学教授、写真史)×小原真史(映像作家、キュレーター)
5, 学芸員によるギャラリートーク
日時: 9月30日(土)14:00~14:30
会場: 展示室1,B1
※いずれも参加無料、申込不要です

メディア

スケジュール

2017年09月22日 ~ 2017年10月09日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use