ヨッヘン・プロクシュテース + エリック・スワーズ 「TSUKI 月」

KEN NAKAHASHI

poster for ヨッヘン・プロクシュテース + エリック・スワーズ 「TSUKI 月」
[画像: ヨッヘン・プロクシュテース、エリック・スワーズ]

このイベントは終了しました。

プロクシュテースとスワーズは、現実の模倣と精神的領域の視覚化という絵画表現の分岐構造の中で、古典絵画の印刷物などの複製物を、自らの絵画イメージの源として使用し、しかしオリジナルを模倣するに限るわけではなく、実物が産まれるにあたって用いられた画面構成の方式、視覚的イメージそのものとして存在する概念、その姿を分析します。現実の模倣という形体付与と、その形体をキャンバスのどこに配置するかという法則を導く正五角形を連続させた色鮮やかな位相幾何学線や、黄金比を導く分割点やグリッド線などが独立してキャンバス上に立ち上がります。構図の主要観点を成す幾何学線の交差点と、配置される形状とが重なり、作家の先入観の及ばない領域=焦点が可視化されています。
【展覧会タイトル 「TSUKI 月」について】
月は、私たちや自然に静かに大きな影響を与えています。フィボナッチ数のように自然界に存在する美しさの定理やルールも、月の明るさと暗さのコントラストが一定の周期で変化して行くように、止めることはできないダイナミックな力です。その瞬間ごとのインパクトはプロクシュテースとスワーズの作品にも溢れ出ています。

メディア

スケジュール

2017年11月17日 ~ 2017年12月23日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use