「thinking tools.プロセスとしてのデザイン - モダンデザインのペンの誕生」展

21_21 DESIGN SIGHT

poster for 「thinking tools.プロセスとしてのデザイン - モダンデザインのペンの誕生」展

このイベントは終了しました。

ドイツの筆記具メーカー・ラミー社のペンのデザインの過程に焦点を当てた「thinking tools 展」が2018年3月3日(土~4月8日(日)まで、21_21DESIGN SIGHTギャラリー3にて開催されます。ラミーを代表する様々なペンのプロトタイプや製品開発の現場のワンシーンの紹介を主軸に、イラストレーター、クリストフ・ニーマン氏が本展のために手掛けたドローイングとインスタレーションを展示し、機能美とデザインの本質に迫ります。1930 年ドイツ・ハイデルベルグに設立されたラミー社は、ユニークなデザインでドイツのみならず、世界中の筆記具市場に新風を吹き込みました。世界中の様々な分野のデザイナーとのコラボレーションによって開発された商品は、多数のデザイン賞を受賞しています。ラミー初のデザインプロダクトである「LAMY 2000」は、それまでの筆記具の概念を覆す、“機能によってかたち作られるデザイン”というバウハウスの思想を取り入れた斬新なデザインです。「LAMY 2000」が登場した1966年を「ラミーデザイン誕生の年」と定め、それ以降、姿かたちを一切変えず、ラミーデザインの原点を伝える永遠のロングセラーとして、多くのデザイナーやクリエイターに愛用されています。
会場: 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
[関連イベント]
ラミー デザインレクチャー第一弾「デザインの機会」
日時: 2018年3月4日(日)開場14:30/開演15:00/終演16:30
会場: インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京ミッドタウン・デザインハブ 内)
講師: 大貫 仰(LAMYデザインマネージャー)
参加費: 無料
詳細は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年03月03日 ~ 2018年04月08日
火曜日は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use