星山耕太郎 「FLYER」

日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X

poster for 星山耕太郎 「FLYER」
[画像: 《Love》墨、アクリル、和紙(530×410mm)、2017年]

このイベントは終了しました。

広告の役割には商品(自己)の特性を伝達するだけでなく、消費を促進するという社会的役割があります。星山耕太郎の描く肖像作品は、まさに個人と社会、それは恰も社会で生き抜くために抑圧されている自身の衝動を画面に定着させる事で、観るものに共感、或いは擬似体験させることにより、価値観の破壊と創造を喚起しているかの様でもあります。
マンガを描きたく絵画の世界に没入していった星山はマンガに社会のリアリティを感じたと言います。宗教、政治、社会、風俗を風刺するマンガに見られる体制と反体制といった二項対立の精神は、内と外、混沌と秩序、マンガと日本画、作品と商品。自己矛盾に抗う星山に一貫した制作理念を宿します。日々垂れ流される広告の洪水の海で受動的に脳内に上書き保存される多くの情報の中で、虚とは、実とは何かを絵画表現によってコミットする星山耕太郎のリアルをご高覧ください。本展では、900×2,700cm(900cmの3連)の大作から小品まで、約26点を展示いたします。

メディア

スケジュール

2018年02月21日 ~ 2018年03月12日

アーティスト

星山耕太郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use