「『建築』への眼差し - 現代写真と建築の位相 - 」

建築倉庫ミュージアム

poster for 「『建築』への眼差し - 現代写真と建築の位相 - 」
[画像: 今井智己「聖ベネディクト教会 #03」2014年 Cプリント 63.5 x 80 cm c)Tomoki Imai/Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography/Film ]

このイベントは終了しました。

発明家ニセフォール・ニエプスによって撮影された世界で最初の写真が、作業場の窓から見える納屋と鳩小屋であったように、19世紀に誕生した写真は当初から建築と強く結びついていました。特に20世紀の近代建築運動では、多くの建築家が自らの建築を社会に認知させ、その運動を推進する手段として写真を重視していました。そこで強調されたのは、写真が有する記録媒体としての透明性であり、この傾向は今日でも建築ジャーナリズムを中心として大量に生産・消費される建築写真に受け継がれています。その一方で、そうした建築写真とは微妙に異なる立ち位置から建築に関心を示す写真家や現代美術家がいます。本展覧会は、国内外で活躍する13名の作家の作品を通じて、現代の写真表現と建築の間に存在する、より多義的で複雑な関係を示すコンセプトのもとに企画されました。会場にはトーマス・ルフ、カンディダ・へーファーら「ベッヒャー派」から、杉本博司、ホンマタカシなど多岐にわたる作家による建築写真と同時に、被写体の中から6つの建築物の模型も併せて展示します。模型を通じて建築物の全体像を把握することで、個々の写真表現の魅力や特徴がより深くお楽しみいただけます。

[関連イベント]
ワークショップ「建築を写真にすること」
開催日: 9月15日(土)
講師: 鈴木理策
場所: 建築倉庫ミュージアム
定員: 20名(18歳以上 参加申込 先着順)
※詳細、お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援